私のなかなか貯まらない貯蓄のお話

私は昔から「何かあった時の為に。」と、お札から小銭までどんなに少なくても定期的に貯蓄していくことを心掛けています。

しかしながら貯蓄をスタートしてからかなりの月日は経ったものの、正直そこまで金額的に貯蓄は多くはないです。

ですが、だからと言って継続することを止めたら当然ながらそこから貯まることはなくなってしまい減る一方です。

ですので、少なくても良いので、貯蓄に対して根気よく前を向いて私なりに続けています。

因みに我が家には中学生に入ったばかりの子どもや、今後小学校に通う幼い子どもがいます。

今も切ないくらいに何かとお金は掛かりますが(笑)、今後はもっと必要になると思います。

「子どもがいる家庭ならばこれは仕方のないこと」と腹はくくっています。

だがしかしです、それとは別に貯蓄をする上でいつも「コレがあるからお金が貯まらないのかな?」と強く感じていることもあります。

それは、家族の誕生日、結婚記念日、(実母、義母含め)母の日&父の日、兄妹の誕生日などのプレゼントへの出費です。

実はこの記念日的なもの、我が家では皮肉なことに子ども達の誕生月と重なっていることが多いです。

そして、さすがにそこはお財布のお金だけでは足りないので、貯金から引き出します。

なので通帳で残高を見ますと(仕方ないのは分かっていても)「せっかく増えたのに又減った…。」なんて考えるのです。(苦笑)

まぁこんなことを愚痴っていても、それこそ仕方がないですので、冒頭でも言った通り、根気強く貯蓄を頑張りたいと思います。

そんな感じで、残高が増えたと思うと、あっという間に又元に戻ってしまう、私のなかなか貯まらない貯蓄のお話でした。

以上です。

, ,