買い物に行く頻度を減らすと、我慢はせず食費の節約に。

節約といえば、家計簿をつけて細かい計算をしなければならないとか、面倒なイメージが強いですよね。でも、そうではありません。習慣を変えることが、一番手っ取り早く節約につながります。食費についてです。

まずは、スーパーに行く頻度を減らすことです。これだけで、かなり違います。スーパーに行くと、必要なものだけでなく、よそ見して、結局予定外のものを購入してしまうのです。これ自体は悪いことではありません。たまには変わったものやちょっとした贅沢品、新商品は食べたいですよね。それが気分転換やストレス発散にもなるのです。ただ、買い物に行く回数が多いと、この無駄な買い物、出費も増えてしまいます。買うことを我慢するのではなく、回数を減らすことで自然と節約に繋がります。

あとは、普段食べないものを買いたいときは値引きされているものを買うのがベストです。そのためには、夕方から夜に行くと良いです。小さな子供がいたりするとその時間帯は難しく、さらに、夜に安くなるものはその日に消費しなければならないものも多いです。そこで、値引き商品を手に入れやすい狙い目の時間帯は開店後まもない朝もおすすめでです。値引き品の狙い目の時間帯は夕方以降、もしくは開店後です。この時間帯をうまく使えば、買い物の頻度も減らしつつ、趣向品もお得に手に入れることができます。

, ,